Home Table

最近注目を集めているちゃぶ台|材質の違いをチェック

好みの形や材質を選ぼう

通販で買うと便利

ちゃぶ台

昭和な雰囲気が漂うちゃぶ台ですが、インテリアとして活用できるうえに、実用的にも使うことができるということをご存知でしょうか。最近では、ちゃぶ台をインテリアの一部として使っている人が急増しています。ちゃぶ台は、方形もしくは円形がほとんどではありますすが、近年ではさまざまな形をしたちゃぶ台が世に出ています。自宅のインテリアのコンセプトに合わせて形を選ぶことができるので、かなり使い勝手は良いと言えるでしょう。また、形のみならず選ぶ材質などによっても雰囲気が変わってきます。自分の好きな材質や形を選んで、お気に入りのインテリアに仕上げましょう。ちゃぶ台を購入する際には、もちろん家具屋などで購入することができますが、実際の店舗のみならず、インターネットの通販サイトで購入することもできます。インターネットの通販サイトであれば、自分でちゃぶ台を自宅まで運ぶ必要が無く、自宅まで配達されてくるのでとても便利です。しかし、インターネットの通販サイトで購入するときには、自宅に商品が届くまで、実物を見ることができないので、あらかじめしっかりとサイズや材質などを確認しておきましょう。くれぐれも、部屋に対してちゃぶ台が大きすぎた、などということにならないように商品の情報をしっかりと確認しておけば間違いないと言えます。自分自身のお気に入りのちゃぶ台を部屋の中に置き、古き良き昭和の日本を感じてみるのも良いでしょう。

用途別の商品

和室

古い家庭のイメージが残っているちゃぶ台ですが、実際は近年でも多くの人に選ばれています。また、あえて古い形のちゃぶ台を利用することによってレトロな雰囲気の部屋作りをしている人もたくさんいます。ただ、ちゃぶ台の種類やサイズがどのようなものがあるのかということを知っている人はあまりいません。そのため、ちゃぶ台の種類を知って、より生活のインテリアとして楽しめるようにしてください。まず、最近とても人気になっているのが豆ちゃぶと呼ばれる非常に小さいものです。これは、形としては丸と長方形どちらもあり、花台や雑貨を飾るようなインテリアとして利用するにはぴったりのものです。次に最もイメージされやすい食卓として利用するものですが、以前は円形がほとんどでしたが、最近では長方形の大きめなサイズのものも増えてきました。特にメリットとしては、使用しない時は脚を折って収納しておけるところです。また、大きさも1人用から大人数用まで様々存在しているので、選びやすくなっています。長方形ではなく円形の人気も健在で、最も多くの人が認識している形です。製作する際に木材の無駄が出ることもありますが、形のメリットとして座れる人数に融通がききます。また、どこに座ったとしても食卓に手が伸ばしやすいという使い勝手の良さも人気乗り有です。部屋の雰囲気作りにも大きく貢献してくれるので、どのような種類が自分の部屋に似合うのかを決めるポイントにしてください。

パーソナルスペースを活用

シニア夫婦

昭和38年ごろから洋風化の増加により年々と衰退していったとされるちゃぶ台ですが、大正から衰退する時期までは昭和の象徴としてちゃぶ台が親しまれてきました。一般的に多くみられる円形のもののほかにも楕円形や四角形など、これらもちゃぶ台として呼ばれています。特に円形のものは家族で囲むのにはとても都合がよく、中心に大きなお皿を置けば均等にご飯を囲むことができる上に人数の融通もきくかなりのスグレモノです。近年はだんだんと椅子に座った生活が多くなってきているので、ソファにカフェテーブルなどのインテリアが好まれています。しかし、時代を超えてもやはりちゃぶ台としての名を残しつつ、現代でもいろいろなアレンジを加え発売されています。また、ちゃぶ台は通常机の高さが30〜35cmと少々低めです。大人からしてみれば少し窮屈に感じるかもしれませんが、小さい子供などには少し大きい、またはちょうどいいサイズなので、子供中心に考えた生活はとてもいいと言えます。特に近い距離で話すという機会は年々減っており、ちゃぶ台はパーソナルスペースをうまく活用した利用法だと言えます。例えばお鍋を囲むとしても、広い机に離れて話すより、より近くで話すほうが親近感や親密感が生まれます。そうしたことで昭和初期にはたくさんちゃぶ台が親しまれていたのかもしれません。家族でまた深い関係を共有したいと家族での団欒時間を増やしたい場合はちゃぶ台がある生活はとてもお勧めです。