Home Table

最近注目を集めているちゃぶ台|材質の違いをチェック

アンティークインテリア

種類が豊富

和室

昭和初期に多くの家庭で使われていたちゃぶ台は、現在はアンティークインテリアとして注目されています。アンティークインテリアといえども手ごろな価格で、形も丸だけではなく種類も豊富で、自分のインテリアに合うものを選ぶことができます。丸形には、正円形と楕円形があり日本人には親しみがある形です。和のインテリアとしてだけでなく、柔らかなシルエットなのでナチュラルなインテリアにも合わせることができます。角形は元祖ちゃぶ台の形です。正方形と長方形タイプがあり天板の角が丸まっているものと直角のものがあります。スペースを効率よく使える形なので、一人暮らしにぴったりのちゃぶ台です。豆ちゃぶ台は食卓サイズよりも小振りのもので、床座でお茶やお酒を飲むとき用として使ったり、植物などを置く台として使うことができます。一枚板のちゃぶ台は、けやきの一枚板を使っていて最高級品です。けやき独特の木目や最高級品としての気品の高さが魅力があります。一枚の板を広く切り出して作っているため価格が高めですが、長く使うことができます。形だけでなくちゃぶ台は脚の形も注目です。角脚は一番親しみがある定番の脚です。脚がまっすぐなだけでなく、反っていたり、一部に彫り飾りなどが入っているものもあります。部屋のインテリアの雰囲気にもよりますが、どちらかというと和のイメージが強い脚のタイプです。丸脚は加工が施されているものが多く、和洋ミックスタイプにおすすめです。

スペース確保できるツール

和室

一人暮らしだと限られたスペースになりがちな居住空間ですが、そんなときはちゃぶ台があれば思った以上にお部屋が広く使えます。脚が折りたためるちゃぶ台は片付けも簡単です。ちょっとしたすきまに収納して片付けることができるので、邪魔にもなりません。テーブルを置いてしまうとどうしても場所をとってしまいますが、ちゃぶ台にすれば広い空間が必要な時はいつでも用意できます。床スペースで作業する際にもすぐに広いスペースの用意ができます。机に向かうのに飽きたら、あえてちゃぶ台を使ってみるのも気分転換になるでしょう。日本人なので椅子より畳が落ち着く、という方もすくなくありません。そんなときに役に立つのがちゃぶ台なのです。ちゃぶ台は軽くてテーブル面もお手入れしやすいように仕上げられているものがほとんどです。力の弱い方でも簡単に脚を折りたたんだり、広げたりすることができるでしょう。重さもテーブルと比較するとかなり軽く、さっと抱えてしまうことができます。食事やレポートを仕上げるなどの作業なら十分利用できます。気になる価格もほとんどが安価で、家具店のほかにも雑貨を扱う店などでも取り扱っています。若い方やセンスにこだわる方に向けてのデザイン性も豊富で、なかなか侮れないものが多く、自分の好きなちゃぶ台を探してお部屋のインテリアとしても見栄えをよくすることができるでしょう。その名前からちょっと古臭いイメージをもたれがちなちゃぶ台ですが、実はとても使い勝手の良い手ごろなテーブルなのです。

選び方や買い方について

部屋

都市部の一極集中が進む中で問題になっているのが家賃の高騰です。都市部ではあまり広い部屋を借りることが出来ませんが、収納やインテリアを工夫すれば狭い部屋でも快適に生活することが出来ます。今はいろいろな収納グッズや家具が販売されているので、ライフスタイルに合ったものを見つけて快適な生活を実現しましょう。狭い部屋の中でも場所を取るもののひとつがテーブルです。ダイニングテーブルや勉強机などの大きさや形を間違えるとかなり圧迫感を与えてしまいます。そこでおすすめなのがちゃぶ台です。かつては多くの家庭で使われていたちゃぶ台ですが、昨今の生活スタイルの欧米化で使われなくなってきています。しかし、コンパクトでシンプルなちゃぶ台ならPC作業から食事まで何でも使えるのでとても便利です。また、ローテーブルであるちゃぶ台ならイスがいらないのでスペースを有効に使うことが出来ます。さらに、ちゃぶ台と一緒に置き畳、ラグ、クッションなどを使えばソファがなくてもリラックス空間を作ることが出来るので、とても便利なのではないでしょうか。今はちゃぶ台にもいろいろな種類があるので、使用目的やスペースに合ったものを選ぶことが大切です。形についても円形や四角形がありますし、脚が収納できるタイプや脚の長さも様々です。また、使われる素材によっては値段も変わってくるので予算にあったものを選びましょう。ちゃぶ台は家具の専門店などで取り扱っており、実店舗でもインターネット通販でも購入することが出来ます。いろいろな商品をチェックしてから購入すると後悔のない選択をすることが出来るでしょう。