Home Table

最近注目を集めているちゃぶ台|材質の違いをチェック

座卓とは違った使い心地

材質にも種類がある

ちゃぶ台

ちゃぶ台は座卓と違って丸くて怪我の原因になりにくい特徴があります。座卓は角が尖っていて、長方形型ですが、場合によっては人がぶつかって、角が要因で怪我をしてしまう可能性は無視できません。しかし、ちゃぶ台に物を置く部分は綺麗な円形であり、ぶつかったりしても無傷で済むのも大きなメリットです。用途はテーブルとして使いますが、食事をする際に利用するの事がほとんどです。しかし、マニアの間では飾りとして愛用される事もあります。ちゃぶ台の材質は様々ですが、過去の製品は木材がほとんどです。近年では天然素材でない物が姿を見せ始めましたが、通常は職人の手で天然素材を用いて作られるのが基本です。木製の物の原料はハリギリがもっとも多いと言えますが、高級ランクのちゃぶ台だとサクラを利用します。それ以外だとマツあたりが使われる傾向があり、独特の材質や匂い、雰囲気を出すのは特徴的です。ちなみにハリギリとは、ウコギ科の落葉高木であり、広葉樹に当てはまります。幹はストレートで丈夫な様子があり、高さは10mから18mぐらいがポピュラーですが、とても大きいハリギリは30m以上にもなるのは特徴的です。別名はセンノキと呼びますが、採取量が多いですから、現代のちゃぶ台の製造に利用できるのも一つのメリットになります。サクラだと性質に癖があり、製造過程にも神経が必要とされます。また、ハリギリの方が使いやすく、加工しやすい、原価も高くはないメリットは強みです。

若い世代に人気

和室

ちゃぶ台と言えば、某アニメのイメージが定着している人も多いのではないでしょうか。昭和時代にはどの家庭にも一つはあったちゃぶ台ではありますが、現代ではあまり見かけなくなりつつあります。しかし、ここ近年若い世代を中心にちゃぶ台が見直され人気になっているようです。ちゃぶ台は通常のテーブルよりも低く、家族が座って団らんできるよう丸い形状になっています。今はダイニングテーブルで食事をされる方が多く、座って食べる光景は少なくなりました。どこか家族の温かみを残したままのちゃぶ台の魅力を再確認したということなのでしょう。通常購入するとなると家具屋が頭に浮かびますが、場所によってはちゃぶ台の取り扱いがされていないことも多いでしょうし、種類が少ないことも珍しくありません。自分の気にいったものを目で確認したい気持ちはわかりますが、できれば通販サイトなどでの購入をおすすめします。サイズや使用感なども詳しく書かれていますし、値段も様々です。サイズや使用されている素材によって値段は異なってきますが、2人用サイズぐらいであれば5000円くらいから購入できるでしょう。また、ヒノキなどの素材を使用している場合は20000円〜30000円くらいが相場のようです。購入する若者たちにとっては新しいちゃぶ台は、昭和レトロな雰囲気を出すような加工がされているものが人気のようです。たくさんの種類が販売されていますので、自分のお気に入りを探してみてください。

馴染みやすくて使いやすい

室内

ちゃぶ台は言い方を変えると和風なミニテーブルです。昭和や大正の時代から利用されてきたタイプの製品ですが、作りや材質は至ってシンプルであり、持ち運びや移動させるにも手軽なアイテムになります。木材を平たく円形にカットして、長方形の柱を付けただけの作りです。中には凝った工夫を付けた物がありますが、値段は高めになり、機能性も向上します。主に二つのタイプのちゃぶ台が挙げられますが、そのまま置いて使う台と、柱をたためるタイプの製品が出回っています。材質も様々です。耐久性のある木材なら何でもちゃぶ台の材料にできるのがポイントです。高級な製品だと桜の木や欅、白檀などが使われます。しかし、それらはレアモノな製品であり、一般的なちゃぶ台はハリギリ製がほとんどです。昭和や大正から愛用されてきたちゃぶ台は、現在の時代で使われる機会が薄くなってきました。洋風のテーブルを使う家庭がほとんどであり、小さい物でもプラスチック系やガラス材質のテーブルのが利用が目立ちます。しかし、ちゃぶ台のメリットは長持ちする事、視覚的に楽しめる、文化を象徴するアイテムでアンティークのように扱えるなどです。高級なちゃぶ台は桜の木や白檀で作られていますが、両者共にレアモノになります。特に後者の白檀は半永久的に独特の芳香を放ちますから、和室や茶道室に置いておくと、フレグランス代わりになり、部屋の雰囲気に馴染みます。値段はピンキリですが、数万円もいく物があります。